オフィスで使う|腰痛改善グッズを試して症状の緩和を目指していきましょう

デスクワークの職場で取り入れたい改善方法をまとめていきます。

姿勢が重要

長い時間同じ姿勢でいることは、身体に負担がかかる行為です。血流も滞り、精神的ストレスも出てきます。腰痛や肩凝りといった症状が現れてもくるでしょう。できるだけそうした症状が出ないように、さまざまな対策を立てて実践することが大切です。

会社でもできる対策

バランスボール

オフィス内でも無理なく続けられる腰痛改善グッズとして支持されているのが、バランスボールです。椅子の代わりに使うことで、インナーマッスルも鍛えられ、腰の負担を軽減することが目指せます。

ツボ押しグッズ

手のひらサイズのコンパクトなマッサージグッズが人気です。すぐにさっと取り出して使えるタイプであれば、業務の隙間時間を見つけて気兼ねなく使うことができます。

マッサージチェア

電動タイプのマッサージチェアを共有スペースに設置することで、スタッフが休憩中に利用できると好評になっています。腰痛改善効果はもちろん、深いリラックス効果をもたらしてくれます。

湿布

仕事中でも湿布を貼って臨めば痛みを緩和することができます。独特のニオイが気になるというイメージを持つ人もいますが、無香性で湿布を貼っていることが気づかれないタイプも登場しています。

オフィスで使う

カウンセリング

ストレッチ体操を

身体が固まってしまうような姿勢を長時間続けることは避けるべきです。時折身体を軽く動かすストレッチ体操を行なうなどして、腰に負担がかからないように意識していきましょう。

クッションで腰が楽に

オフィスの椅子は硬くて腰への負担が心配という場合は、クッションを持参するとよいでしょう。腰痛改善グッズとして有名な専用のクッションも販売しているため、活用することをおすすめします。

生活習慣改善も大切

睡眠不足や過度のストレスなども腰痛の一因となります。健康的な生活習慣に改善することで、腰痛の症状をなくすこともできますので、日頃の腰痛対策と併せて取り組んでいきたいところです。

広告募集中